menu

■補助事業完了の遅延について

半導体不足の影響など、事業者の方々ご自身の責任によらない事由により、補助事業期間内(令和4年12月31日まで)に完了することができないと見込まれる場合は、12月16日までに下記の様式で遅延等報告書を補助金事務局へご提出ください。

遅延等の事由を事務局にて確認の上、補助事業の遂行及び完了の予定が適当と認められた場合には、1か月を目安とし、補助事業完了期日を延長することができます。
なお、いたずらに補助事業完了期日を延長することは認められませんのでご注意ください。